サバゲー体験いってきた【BravePoint台場店】

f:id:media-gatch:20181010184226j:plain

どうもー・ω・ガッチ(@MediaGatch)です。

夏にサバゲー体験へいってきました。

ということで、、、

こんな人に読んでもらえる内容になっております。

目次

サバゲー体験の申込み

サバゲー体験の申込みは、公式サイトやじゃらんnetなどから申し込みができます。

僕が体験したのは、「2時間体験パック(入会金+講習代+道具レンタル+2時間の利用料金)」

すべてお店で用意してくれるのでとってもお得。

エアーガンで使用するBB弾は、上記のレンタル料金に含まれていないため、注意が必要です。

打ち放題の500円をお店で支払いました。。。

このあたりは、経験者じゃないとわからないですね^^;


はじめは2時間と短い時間で体験するのが良いのかなと思います。

なかなか疲れます。実際やってみると、もっと長くやりたいとなりましたけど(笑)


>> 【公式】BravePoint台場店の料金と予約

>> じゃらんnetからの予約

BravePoint台場店

f:id:media-gatch:20181010183352j:plain

今回サバゲー体験したのは、お台場デックス東京ビーチ5FにあるBravePoint台場店。

お台場海浜公園駅から2分。と駅近で歩かずにお店へ行けるのもポイントです。

2017年10月にOPENした室内のサバゲースタジオです。

天候を気にすることなくおもいっきりサバゲーを楽しめます。

デックス東京ビーチには、東京ジョイポリス、東京トリックアート迷宮館、台場一丁目商店街など。

さまざまなアミューズメント施設があるので、サバゲー体験後も楽しめます。

【BravePoint台場店】

営業時間 :11:00〜21:00

住所 :東京都港区台場1丁目6-1 デックス東京ビーチ 5F

アクセス:ゆりかもめ お台場海浜公園駅より徒歩2分

     りんかい線 東京テレポート駅より徒歩5分

>> BravePoint台場店

サバゲー体験で準備するもの

準備するものは、何もありません。

ただ服装は気をつけてください。肌が露出する格好は絶対にしないで行った方が良いです。

エアーガンで打ち合うゲームなので、サバゲーを2時間もするとBB弾が当たり。当然ですね(笑)

エアーガンはBB弾を90m/sもの速さでぶっぱなします!


学生のときに、何やら勉強しませんでしたか? K=1/2mv2

運動エネルギー = 1/2 x 質量 x 速度の2乗


そうなんです!


すごーく軽いBB弾といえで、速度が尋常じゃない速さであればエネルギーはすんごいことに。。。

正直、ジーパンの上からでも近距離で当たるとめちゃくちゃ痛いです(笑)

サバゲーのルール

f:id:media-gatch:20181010184232j:plain

まずはじめに覚えておいてほしいのが、サバゲーはプレイヤーの信用をもとにしたゲームである。

ということをぜひ覚えておいてほしいです。

なぜなら、、、




弾があたったかどうかは本人の自己申告におまかせしているルールだからです。

あたった際は「ヒットォォーーー」と声を出し手を上げてあたったことをみんなにアピールします!

コレやらないと何発も弾が飛んできます(笑)

もっと当たりたい♡ってどMな人はそのまま続行してもよいのかも?!ってことはありませんので

しっかりとあたったら申告して楽しいサバゲーライフを楽しんでください。


具体的なルールはいくつかあるのかもしれませんが、僕が体験した2つについて紹介します。

  • 殲滅戦
  • フラッグ戦

細かい内容は、以下で説明していきます。

殲滅戦

読んで字のごとく、相手チーム全員を倒したら勝ち。

分かりやすく基本のルールですね。これはすごく楽しかったです。

初心者なのでルールが難しくなるとどうしたら良いのかわからなくなるので(笑)

殲滅戦の場合は、敵陣に突っ込んで来る人や、様子をみて自陣からじわじわ攻めてくる人など

行動がどうなるのかわからない点がまた面白いかもしれません。

今回は初心者の人や、子供も多かったのでそうなったのかも?!

フラッグ戦

フラッグ戦は、敵陣にあるフラッグ代わりのボタンを押したら勝ち。

ルールとしてはわかりやすいのですが、こちらはより戦略が必要になってきます。

みんな同時に敵陣に突っ込んでしまうとボタンが無防備になってしまい、負ける可能性があります。

なので、防御する人と攻める人を分けるのが基本の戦略のようです。(分からず常連で遊んでいる小学生から教えてもらいました笑)

また、試合展開は防御がメインになる形でじわじわと攻めるラインを上げていくようにしていました。

サバゲー体験した感想

実際に体験してみると、もっともっとゲームを楽しみたかった!

装備も揃えて、銃ももっとよいものを揃えて次こそ万全の体制で挑みたい!

別のフィールドも体験してみたいという気持ちも湧いてきました。

いくつになっても男は子供ですね(笑)


初めてサバゲーフィールドを見たときは、めちゃめちゃワクワクしました。

子供のときは、近くの公園や裏山でエアーガン片手に打ち合いをしたり(今は危険なのでやめましょう)、

映画マトリックスのようなアクションとド派手な銃撃戦やジョン・ウィックの無双に憧れたり(笑)

そんな気持ちがあったんですが、




いざ受付に行ってみると、ガチ勢がちらほらと、、、

「これはやばい」と心の中で思いましたね。正直に。

自分は普通に長袖のTシャツにジーパン姿。対するガチ勢は迷彩服に身を包みガスマスクのような顔をすべて覆うマスク。

こんな人達をやるの?!ちょっと恥ずかしいとも思いましたよね。。。


すでに予約してもらっていたので、今の気持ちは心の中だけにとどめて。

受付と登録を済ませると、ガンとマスクと手袋を渡されます。

安全に最善の配慮をしているとはいえ、万一のときのために規約のようなものに同意しました。

マスクは顔全てをおうガチマスク(笑)

コレつけないといけないのかーーと思ってましたが、実際やってみると絶対必用だ!とわかります。

だって、当たると痛い!顔に直接あたったらまじで赤く腫れて、友達から心配されるレベルだと思う。


やっている途中に、カップルや学生グループの方々も加わってきたので、

ガチ勢以外にも、ゲームセンターへ行く感覚でサバゲーへ来ている人も多くいたので安心しました。

まだ1つしか行ったことはないですが、都内のサバゲーではそんな人が多くいるのではないのかな?と思います。

女性の参加も多く、男性だけでなく楽しめるスポーツ、ゲームとなっているんだなと実感しました。

都内のサバゲー場所を知りたい人へ

都内には、まだまだたくさんのサバゲーができる場所があるのでぜひ体験してみてください。