SEOの内部施策が分かる入門編はまずコレ!

f:id:media-gatch:20180928173723j:plain

どうもー・ω・ガッチ(@MediaGatch)です。

みなさんサイトのSEO対策していますか?

僕はまったくです(笑)

SEOって、重要なことは理解しているけれど、何したら良いの? まったく分からなくて何からやったらいいのか分からない。。。


そんな僕と同じような初心者の方へ。

僕の実践を通してSEOの大切さや、結果をお見せしていきます。


ちなみに、

ブログで月7桁以上を稼ぎ、生活費は5万円でバンコクに住んでいるマナブさん(@manabubannai)も

SEOの大切さを伝えています。

※ページ最後におすすめ記事へのリンクを記載しています。

内部施策とは?

SEOは、「Search Engine Optimization」と言って「検索エンジン最適化」のことを示した略語です。

その中でも内部施策。

つまり、サイト内で実施する対策のことを言います。

外部施策もありますが、対策方法がわからないため、まずは内部施策について

できるところから紹介していきます。

SEOの内部施策で大切なこと

大切なことは3つ。

  • コンテンツの充実
  • スマホタブレット、パソコンで読みやすく使いやすく
  • 外部サイトへ適切にリンク

コンテンツの充実

サイトを見に来てくれるユーザーのことを考えると、そのとおりですよね。

「検索する」ということは、自分の知らない知識を得たかったり

自分の考えがあっているのか確認したかったり

何かしらユーザーにとって有益となる情報が必要となります。


ご自身のサイトはユーザーにとってメリットはありますか?


考え直してみるのも良いかもしれません。

スマホタブレット、パソコンで読みやすく使いやすく

f:id:media-gatch:20180928174419j:plain

一昔前であれば、インターネットを使用するのはパソコンのみでした。

しかし今の時代はスマホタブレットと様々なデバイスでインターネットに接続し閲覧しています。

ユーザーが使用するデバイスの制限はできないので、それに合わせて変化する必要があります。

すこし考えてみてください。


パソコンのサイトを小さい画面のスマホで見たいと思いますか?

正直見にくくないですか?使いづらくないですか?


もっとユーザーに寄り添って使いやすく読みやすくして見ましょう。

SEOの内部施策は、そんなことを伝えてくれています。

外部サイトへ適切にリンク

簡潔に伝えると、関連性のあるサイトへリンクしていますか?

ということです。


もし、カレーの作り方を調べて確認していたのに、

車の紹介サイトへ変わってしまったら、イラッとしませんか?

なぜイラッとしたのか考えてみると、まったく関連性がないからですよね。


ユーザーのことを100%理解して、ほしい情報を提供する。

それができれば良いのですが、不可能なことなので少しでも役に立てないか?

そういう気遣いが大切なのではないでしょうか?

内部施策についてのこれから

まだまだ内部施策をかじった初心者ですので、

具体的な方法論は実践からどんどんみなさんに提供していきます。


もっと早く具体的な方法が知りたい!

という方はこちらを参考にしてみてください。

マナブさんオススメの本で、僕が実践していくために読んでいる本です。

【マナブさんの記事】

本でSEO対策を学ぶべき理由とオススメ書籍3冊【SEOは死んでない】