早起きのメリットは仕事の効率化につながるって本当?!

f:id:media-gatch:20181013163015j:plain

どうもー・ω・ガッチ(@MediaGatch)です。

成功者は早起き。なんて話聞いたことありませんか?

僕も知ってはいたんですが、実際のところ早起きのメリットってどうなの?と思っていました。

早起きだけで仕事が成功したらみんな成功しているじゃないか。なんて思ってみたり。

同じように疑問を持っている人多いんじゃないでしょうか。

目次

  • 早起きのメリットは仕事の効率化にもあった
  • 早起きのメリットを感じるのは3日後から
  • 早起きのメリットを活かし仕事を効率化
  • まとめ

早起きのメリットは仕事の効率化にもあった

実際に自分で早起きをしてみての体感です。

仕事の段取りをしっかりと細部まで考え行動するようになり、

行動優先でおこなっていた仕事も、PDCAを自然とするようになっています。

行動を優先することが悪いというわけではないですが、

早起きする前は、それだけになっておりしっかりと自分の頭で考える。ということが抜けていました。

仕事するまでに時間ができ、しっきりした頭で考えられるようになったからかと思います。

  • PDCAを自ら回すことができるようになる
  • 全体を把握し段取りを考えられる
  • 頭が冴えてクリアに考えられる
  • 集中して考えられる

効果としてまとめましたが、このまとめを書くまでは自分でも気づいていませんでした(笑)

自然にそうなっているので、実感するのは行動に現れて少したってからかもしれません。

体感以上の結果が出たときは、ここに載せますね。例えばこのサイトのアクセス数など。

早起きのメリットを感じるのは3日後から

メリットを感じる事ができるのは3日後からかなと思います。

1日目から効果は出ているのかもしれませんが、自分で感じ取れるようになるのはちょっと遅れます。


なぜ3日後からなのか?


3日坊主という言葉があるように、効果が実感できるのは3日後。

何事もそうかも知れませんが、早起きするぞ!ダイエットするぞ!を気合をいれた日や次の日はやるんだけれど、 その次が続かない。。。

それは、自分でその効果を実感できていないからじゃないのかな?と思うわけです。

実際はすごく小さいかもしれないけれど効果はあるのに。


最初の頃は正直少ししんどかったですが、ちょっとしたコツで早起きを習慣化することができています。

コツについては、また別の記事で書きますので、なかなか早起きができない人は読んでみてください。

早起きのメリットを活かし仕事を効率化

さきほど全体を把握できるようになったと書きましたが、まさにこれが大きなメリットとなり、 仕事の効率化をはかるための第一歩です。

全体像が分からないと何をしたら良いのかわからないので、行動してみるしかないのです。

早起きして時間を作ることで、行動する時間と考える時間を確保できます。 PDCAを回していくにはどちらも大切です。どちらかがなくなってしまっては進めません。 考える時間がないと、少しづつ進むかもしれませんがおおきな変化は難しいかもしれません。 行動する時間がないと、何も進みませんね。

考える時間は1人で考えることが大切です。

それを可能にするのが朝。まだ多くの人が活動していない時間にもくもくと自分の仕事に集中することができる時間です。

まとめ

早起きのメリットは仕事の効率化になることを実体験をもとにまとめました。

自分も始める前は、早起きのメリットと仕事って関係あるの?と思っていましたが、

実際に取り組んでみてわかったのは、効果があるということ。


同じように思っていた人が、もしかしたら効果あるのかも?!となってくれたら幸いです。

他にもメリットはたくさんあるので、他にも記事をかいていきたいと思います。